販売管理システム

スライダーe

世の中には様々な商いがあります。商いの過程は個々の業種、会社によって異なりますが、商品を販売し、その代金をいただくことは、どのような商いにも共通することです。また、商いには商品を販売したときの納品書発行、代金をいただくための締日ごとの請求書発行などの事務処理が必要となります。

その事務処理(納品書発行、補助簿記入。請求書発行)を人間が手作業でした場合、記入、転記、計算に費やす時間と労力は、取引が増えるにしたがってますます大きくなります。このような場合、一連の事務処理全体をまとめるためのエキスパートが必要となります。そこで、コンピュータ操作を行う販売管理システムが必要となるわけです。

販売管理システムは、各種伝票(売上・仕入・入金・出金)の入力をするだけで、わずらわしい伝票の記入や補助簿の転記、各種計算を間違いなく処理してくれます。すなわち、販売管理システムは、事務処理全体をまとめるエキスパートなのです。  計算/転記を得意とするコンピュータは決められた手順に従って入力を行えば、台帳を印字したり、請求書を発行したりできます。また、入力されたデータをいろいろな角度から加工、分析ができますので、営業戦略などの判断材料として有効活用できます。

販売管理システム導入前、商品を販売したときに、納品書発行、補助簿記入、月々の請求書発行を、そのつど手書きで行っていました。販売管理システム導入後、商品を販売したときは、売上、入金の入力を行って、納品書の発行、台帳記入、月々の請求書発行はすべて、コンピュータに命令すればよいのです。

販売管理システムは、売上伝票、入金伝票の入力さえ行えば良いのですが、伝票入力時には数値のほかに得意先名や商品名などのデータも入力しなければなりません。また、得意先名や商品名などは、伝票入力の際、何回も発生しますので、伝票ごとに一文字一文字入力するのは、大変面倒になってしまいます。

販売管理システムでは伝票を入力する前に、データとして得意先名、商品名、単価などの台帳をコンピュータに登録しておきます。伝票入力の際は、登録しておいたこれらの台帳データを引っ張り出し、伝票上にデータを転記することによって、容易に伝票入力が可能となるわけです。

ハードウェア構成例

千両箱販売管理システム

本ソリューションはお客様のご要望に応じ、カスタマイズ(有料)が可能です。 例えば...売上伝票の入力フィールドを増やし、データを集計したり、親会社のExcelシートのデーターを伝票として一括入力したり、ある程度制限はありますが、様々な業種の基幹システムとして効率良くご利用頂けます。

標準版 (スタンドアロン) 

標準価格¥800,000

ネットワーク対応版
(サーバー1台/クライアント4台まで)

 標準価格¥1,170,000