もともとプリンタメーカーでしたが1998年倒産したコピーメーカーを事実上買収し現在に至っています。
Ecosysという‘オンリートナープリンタ’は圧倒的なコストパフォーマンスを誇りますが複合機についてはその技術が生かしきれていない部分がありました。頑丈なのは良いのですが相対的に大きく重く、狭くて少人数のオフィスには向かない製品が多くラインナップされていました。逆に言えば広くて大人数の事務所に最適化された製品がラインナップされているということだと思います。

しかし、2011年、ある製品が発売されました。まさしく、このメーカーの弱点を克服する製品でした。それが、Taskalfa206ciです。分速20枚のA3カラー複合機ですが、軽くて小さく、運用コストも低く抑えることが可能なマシンです。オフィスにA3カラー複合機が1台あれば大変便利です。しかし、A3カラー複合機は本体は安価に購入できたとしても一般的には月々の保守コストが発生してまいます。Taskalfa206ciはセット方式の保守体系となっており、トナーに保守費用含まれてるので複合機で極力プリントアウトしなければ保守コストがかからない’しくみ ’となっています。この特性を踏まえた上でマシンを導入すると経済的です。では具体的にどうすればよいのでしょうか?

最強の導入パターンをご提案しますTASKalfa206ciEcosys P6026cdnの一括導入です。

複合機では少量だと思われるコピーやFAXなどの利便性を重視した使い方をして頂き、オフィスで最も多いA4サイズのプリントアウトをカラープリンタで行います。Ecosys P6026cdnA4カラープリンタでプリントコスト圧倒的に安価です。京セラのA4カラープリンタは故障が少なく比較的長い期間、使用できるはずです。

TASKalfa255c�΂�

Taskalfa206ci

Ecosys P6026cdn

弊社ではTASKalfa206ciEcosys P6026cdnの一括導入のご支援策をご用意しております。